2013年11月25日

稲わら



春から始めた農作業。
稲刈り、脱穀、唐箕を経て一通りの作業は終わりました。
脱穀が終わった藁は、また田んぼに戻されて、土に還ります。

積み上げた藁を眺めていろいろ作ってみたいなぁ・・・
なんてことを思っていました。

わらじやほうき、注連縄やお人形
これらを伝承してくださる人はまだまだいるんでしょうか?

昔は生活の一部だったことが、いつの間にか忘れ去られて
「特別なこと」になってしまうのが、残念でなりません。

すべて手作業で、そして無農薬で育てられた稲わらも
最後まで大事に使いきるようにしたいなと思います。


005.JPG
















posted by Washio at 14:40| Comment(0) | 農作業

2013年10月21日

実りの秋

117.JPG















今年からお米作りのお手伝いをさせてもらっています。
どれが雑草かお米の苗か???・・・・というところから始まって
田植え、草刈り・・・・
暑い暑い夏を経て、いよいよ稲刈りの時期がやってきました。

「あさひ」という、農薬を一度もくぐっていない品種で
「自然農」という形で、農薬も肥料も与えない方法で育てています。

通うのがちょっと大変なのですが、滋賀県の琵琶湖のほとり
西湖という葦原に囲まれた素晴らしい環境で
自然いっぱいの場所で呼吸し、作業することはとても気持ちがよく
またお米という、とても身近な食べ物を自分の手で育て
その成長の過程を観察するということはとても貴重な経験となっています。

刈り取った稲を、束にし、去年の稲わらで縛って、天日に干します。

刈り取ったばかりの稲はまだ生きていて
干している間にお米に栄養がいくそうです。

すべてが手作業のため、なかなか捗らないことも多いのですが
時間を見つけて頑張って稲刈りに出かけたいと思います。



posted by Washio at 15:59| Comment(0) | 農作業

2013年06月17日

お米作り

002.JPG











今年から縁あって、お米作りのお手伝いをさせてもらうことになりました。

場所は滋賀県の安土。
西の湖のほとりにあります。

耕さず
農薬、肥料を与えず
草、虫を敵とせず
ひとつひとつ手をかけて 育てています。

農作業は何もかもが初めてのことで
想像と全くかけ離れたことも多々あるのですが
何よりもその場所にいることで
安心した穏やかな気持ちでいられることが
一番心が豊かになり、幸せな瞬間です。


皆でわいわいとおしゃべりしながら食べる
おにぎりの美味しいこと!

そして作業した後のビールの美味しさ^^

まだまだ始まったばかりですが、実りの秋が楽しみで
待ち遠しいです。
posted by Washio at 14:19| Comment(0) | 農作業